車のローンの残債がある場合の売買は・・・

車のローンの残債(金融車)がある場合の売買は、

以前に、日産サニーエクセレントを、5年のローンで購入しました。 そして、4年間ぐらい乗って自爆事故を起こし、そのまま売却しようと思ったら、所有者の名前が本人と違うので、名義変更をしなければならないなど、問題が発生して結局は止めてしまいました。此の件に関して、チョット調べてみました。

車を所有している場合、通常は所有権や税制上の名義などは本人であることが普通です。 つまり、車を購入の際には支払いが順調に行われたと云うことです。

ところが、購入する際に車のローンを組んだ場合、つまり、ディーラーで自動車ローンを組んだ場合は所有者名義が本人以外になるケースがあります。

そして、本人名義でない車を何らかの理由で売却しようとする時、このような車を金融残債車、即ち、金融車と呼ぶのだそうです。 このような車の場合ローンが残っていて他人名義の為、この車を購入する時は直ぐには名義変更、以前の所有者名義の解除がすぐには出来ない場合があるようで。

このように名義上完全所有車でない車を売却しようとする場合は買取先、買取業者によっては条件付ということで、安く買い叩かれるのが普通のようです。 従って、逆にこのような車を買い取ろうとするときは、同じ程度の車より安く買うことが出来るということです。

しかも、名義上の欠陥はあるにせよ、売買に関しては法制上は違法では無いようですので、安心して購入し、売却することも出来るようです。 尚、ネットサイトを見ても、金融車専門を扱う業者も有るようです。